メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

3学会、がん患者コロナワクチン接種に見解

接種の可否、タイミング、注意点を治療法別に概説

 2021年04月07日 13:28
プッシュ通知を受取る

22名の先生が役に立ったと考えています。

 日本癌治療学会、日本癌学会、日本臨床腫瘍学会の合同ワーキンググループは、がん患者における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種におけるエキスパートオピニオンとして「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とがん診療についてQ&A-患者さんと医療従事者向け ワクチン編 第1版-」(以下、第1版)を作成し、3月31日に公開した。国内外の学会や団体の方針や最新の文献を参考に、ワクチンについて正しい評価、判断を下すことを目的としており、ベネフィットとリスクを理解し、ワクチン接種の前向きな検討を推奨している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  3学会、がん患者コロナワクチン接種に見解