メニューを開く 検索 ログイン

愛知医大・三鴨教授、イベルメクチンに期待

コロナ治療薬の現状と課題を概説

2021年04月08日 17:24

18名の医師が参考になったと回答 

 愛知医科大学大学院臨床感染症学教授の三鴨廣繁氏は、ギリアド・サイエンシズが4月1日に開催したオンラインメディアセミナーで「新型コロナ治療の最前線に立つ医師が伝える『医療現場の現状と感染収束へ向けた道筋』」をテーマに講演。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に当たる医師の立場から、日本国内におけるCOVID-19の薬物治療の現状と課題について概説。その中で、抗寄生虫薬のイベルメクチンに対し大きな期待を示すとともに、遅々として承認が進まない国内におけるCOVID-19治療薬の開発の現状と背景についても述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  愛知医大・三鴨教授、イベルメクチンに期待

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535971 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外