メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・セツキシマブの隔週投与が可能に

 2021年04月08日 10:11
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は4月6日、分子標的薬の抗EGFR抗体セツキシマブについて、KRAS野生型でEGFR陽性の大腸がんおよび頭頸部扁平上皮がんを適応として、新たな用法・用量として500mg/m2を120分かけて点滴静注、2週間に1回の投与方法を承認したと発表した。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・セツキシマブの隔週投与が可能に