メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・難治乳がんへの抗体薬物複合sacituzumab govitecanが正常承認

 2021年04月08日 10:51
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は4月7日、抗体薬物複合体(ADC)sacituzumab govitecanについて、切除不能な局所進行/転移性トリプルネガティブ乳がん(TNBC)で2~3レジメン以上の全身療法歴(うち少なくとも転移病変に対する治療は1レジメン以上)がある患者を適応として、正常承認したと発表した。同薬は、2020年4月に、転移病変に対して2レジメン以上の治療歴がある転移性TNBCに対して迅速承認されていた(関連記事「難治乳がんに著効のsacituzumab govitecan、日本での開発戦略は?」「乳がん注目のADC、Trop-2にかかわらず奏効」)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・難治乳がんへの抗体薬物複合sacituzumab govitecanが正常承認