メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

尿路上皮がん治療はICI維持療法で変わるか

2021年04月08日 16:35

2名の医師が参考になったと回答 

 抗PD-L1抗体アベルマブ(商品名バベンチオ)は、今年(2021年)2月に根治切除不能な尿路上皮がんにおける一次化学療法後の維持療法の適応追加が承認された。3月31日にオンラインで開かれたプレスセミナー(メルクバイオファーマ/ファイザー共催)では、尿路上皮がん薬物療法のアンメット・メディカルニーズおよび承認の根拠となった第Ⅲ相試験JAVELIN Bladder 100から得られた知見について2人の医師が解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  尿路上皮がん治療はICI維持療法で変わるか

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535982 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外