メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

尿路上皮がん治療はICI維持療法で変わるか

 2021年04月08日 16:35
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 抗PD-L1抗体アベルマブ(商品名バベンチオ)は、今年(2021年)2月に根治切除不能な尿路上皮がんにおける一次化学療法後の維持療法の適応追加が承認された。3月31日にオンラインで開かれたプレスセミナー(メルクバイオファーマ/ファイザー共催)では、尿路上皮がん薬物療法のアンメット・メディカルニーズおよび承認の根拠となった第Ⅲ相試験JAVELIN Bladder 100から得られた知見について2人の医師が解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  尿路上皮がん治療はICI維持療法で変わるか