メニューを開く 検索を開く ログイン

20年後に増えるがん、減るがん

米・横断研究で2040年までのがん罹患数と死亡者数を予測

 2021年04月08日 19:08
プッシュ通知を受取る

61名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe stock ※画像はイメージです

 米国におけるがんの罹患数および死亡者数は、今後20年でどのように変わるのか。米・Cancer CommonsのLola Rahib氏らは、横断研究により2040年までの米国のがん罹患数および死亡者数を推計。その結果、2040年の部位別がん罹患数では、メラノーマが順位を上げる一方で、前立腺がんはトップ10から外れるなど、現状とはかなり異なることが予測されると、JAMA Netw Open2021; 4: e214708)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  20年後に増えるがん、減るがん