メニューを開く 検索を開く ログイン

急性膵炎後の被包化壊死、致命率など判明

急性膵炎の全国調査データから検討

 2021年04月09日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 被包化壊死(WON)は、急性膵炎における代表的な後期合併症で、致命率が高く適切な治療戦略が求められる。東北大学大学院消化器病態学の菊田和宏氏は、急性膵炎に関する全国調査のデータからWONの発症率や治療内容、致命率などを検討。その結果を第57回日本腹部救急医学会(3月11~12日、ウェブ開催)で報告した。(関連記事「致命率低下の急性膵炎に残された課題とは?」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  急性膵炎後の被包化壊死、致命率など判明