メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

食道扁平上皮がんへのニボ+化学療法およびニボイピでOS延長

第Ⅲ相試験CheckMate-648

2021年04月09日 17:51

 米・Bristol Myers Squibbは4月8日、切除不能進行/転移性食道扁平上皮がんを対象とした第Ⅲ相試験CheckMate-648において、抗PD-1抗体ニボルマブ+化学療法の併用およびニボルマブ+抗CTLA-4抗体イピリムマブの併用が、化学療法単独と比べて全生存期間(OS)を有意に延長したと発表した。

 同試験の主要評価項目はPD-L1陽性例におけるOSおよび無増悪生存期間(PFS)。副次評価項目は全集団におけるOSとPFS。

 ニボルマブ+化学療法併用療法は、化学療法単独と比べてPD-L1陽性例および全症例のOSを有意に延長し、PD-L1陽性例のPFSを有意に延長した。

 また、ニボルマブ+イピリムマブ併用療法は、化学療法単独と比べてPD-L1陽性例および全症例のOSを有意に延長した。ただし、PD-L1陽性例のPFSの延長は認められなかった。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  食道扁平上皮がんへのニボ+化学療法およびニボイピでOS延長

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536014 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外