メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

腎細胞がん術後のペムブロ単剤でDFS延長

第Ⅲ相試験KEYNOTE-564

2021年04月09日 17:40

 米・Merckは4月8日、腎摘出術後の腎細胞がんの術後補助療法における抗PD-1抗体ペムブロリズマブ単剤の有効性と安全性を検証した第Ⅲ相試験KEYNOTE-564において、プラセボと比べて主要評価項目である無病生存期間(DFS)を有意に延長したと発表した。詳細は今後の学会で報告される予定であるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  腎細胞がん術後のペムブロ単剤でDFS延長

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536016 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外