メニューを開く 検索を開く ログイン

膝OAへの幹細胞移植、2年後も効果継続

 2021年04月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 変形性膝関節症(膝OA)に対する再生医療として、脂肪細胞由来幹細胞(ASC)を膝関節内に注入する細胞移植治療が注目されている。ASCの移植により、膝の痛みや関節機能に対する高い改善効果が得られるとされるが、欧米諸国を中心として臨床試験でのヒト培養ASC使用には制限が設けられている。そのため、酵素処理により脂肪組織を取り除いた間質血管細胞群(SVF)が代用されている。東京ひざ関節症クリニック新宿院(東京都)院長の横田直正氏は、自施設で行った膝OA患者に対する培養ASCとSVFの24カ月の治療成績を比較。初期および進行期の膝OA患者では、培養ASCによる治療効果が24カ月後も継続していたと、第20回日本再生医療学会(3月11~13日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

米がコロナワクチン特許保護停止を容認

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  運動器 »  膝OAへの幹細胞移植、2年後も効果継続