メニューを開く 検索 ログイン

手術で糖尿病の寛解が得られる患者像とは

2021年04月13日 05:05

1名の医師が参考になったと回答 

 肥満2型糖尿病患者に対し、糖尿病の改善効果が期待される減量・改善手術のコンセンサスステートメント(以下、ステートメント)が、日本糖尿病学会、日本肥満学会、日本肥満症治療学会合同で作成された。北里大学下部消化管外科学主任教授の内藤剛氏は、減量・改善手術による糖尿病の寛解予測因子および術式の選択に関する推奨レベルを、第41回日本肥満学会/第38回日本肥満症治療学会(3月20~21日、ウェブ併催)で発表。減量・改善手術により糖尿病の寛解が期待できるのは、肥満に伴うインスリン抵抗性が高い患者などであるとした。(関連記事「肥満2型糖尿病の肥満(症)外科治療に新指針」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  手術で糖尿病の寛解が得られる患者像とは

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで