メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

女児のブルガダ、思春期以降に心電図が改善

 2021年04月13日 05:00
プッシュ通知を受取る

23名の先生が役に立ったと考えています。

 ブルガダ症候群は特徴的なST変化を示す遺伝性不整脈の一種で、睡眠中に突然死を来すこともある。アジア人男性に多く、成人では2,000人に1人の頻度とされているが、小児での発症はまれである。京都大学大学院循環器内科の今村知彦氏は日本人小児におけるブルガダ症候群の特徴について調査した結果を、第85回日本循環器学会(3月26~28日、ウェブ併催)で発表。「11歳以上では明らかに男性優位であるものの10歳以下では男女差はなく、女性では成長して思春期になるとcoved型から正常型に心電図が改善する症例が存在することが分かった。10歳前後から心電図に変化が現れることから、この時期に分泌量が増えるエストロゲンの影響が示唆された」と報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  女児のブルガダ、思春期以降に心電図が改善