メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

心不全患者の全人的苦痛を評価すると?

 2021年04月14日 16:41
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 心不全は進行性で予後不良の疾患であり、呼吸困難や倦怠感などの身体症状および抑うつ、不安などの精神症状を呈し、QOLが著しく低下することが指摘されている。心不全の管理を行うに当たっては、身体症状や精神心理的苦痛といった全人的苦痛のスクリーニングが重要となるが、これまで心不全患者の心身を含めた状態を総合的に評価するケースは少なかった(Circ J 2020; 84: 584-591)。そこで国立病院機構京都医療センター循環器内科の濱谷康弘氏は、患者の状態を包括的に評価する尺度である、Integrated Palliative care Outcome Scale(IPOS)を用いて心不全入院患者を評価。第85回日本循環器学会(3月26~28日、ウェブ併催)で結果を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心不全患者の全人的苦痛を評価すると?