メニューを開く 検索 ログイン

高齢患者の薬物治療、どう見直す?

2021年04月14日 05:05

5名の医師が参考になったと回答 

 加齢に伴ういわゆる老年症候群に対する多剤併用療法は、処方カスケードを引き起こす原因の1つとなる。三重ハートセンター(三重県)薬局長の高井靖氏は、第85回日本循環器学会(3月26~28日、ウェブ併催)で抗コリン作動薬と鎮静薬が患者QOLに及ぼす影響や処方カスケードの問題点について報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  高齢患者の薬物治療、どう見直す?

医師限定初回登録キャンペーン!
初めて会員登録いただいた医師会員には
500円分のポイント進呈!

※既に会員の方、過去に利用された方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536038 有効期限:5月末まで