メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

AZワクチン接種後の血栓症、特徴は?

HITとの混同を回避、新疾患名を提案

 2021年04月14日 17:35
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 ドイツ・Universitätsmedizin GreifswaldのAndreas Greinacher氏らは、アストラゼネカ(AZ)の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンChAdOx1 nCov-19の接種後に血小板減少症を伴う血栓症を発症したドイツとオーストリアの11例を解析。その結果、ヘパリンの投与歴がないにもかかわらず、ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)と臨床的に類似する特徴が見られたとN Engl J Med2021年4月9日オンライン版)に報告した。同氏らは、HITとの混同を避けるため、この疾患をワクチン誘発性免疫性血栓性血小板減少症(vaccine-induced immune thrombotic thrombocytopenia;VITT)と呼ぶよう提案している。(関連記事「コロナワクチン接種後に発生する血栓症」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  AZワクチン接種後の血栓症、特徴は?