メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

FOXO1抑制でコロナ新薬開発へ

バイオミメティクスシンパシーズとロート製薬

 2021年04月15日 15:42
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 細胞性医薬品の開発などを手がけるバイオミメティクスシンパシーズは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の細胞侵入に関わるヒトの膜細胞受容体(ACE2受容体)と蛋白質分解酵素(TMPRSS2)双方の発現制御に、転写因子FOXO1が関与していることを見いだし、FOXO1の活性を抑制する3つの薬剤候補物質を同定した。薬剤候補の一部についてライセンス契約を締結したロート製薬との共同記者発表会(4月14日、ウェブ併催)で発表した。

27873_pho1.jpg左からロート製薬再生医療研究企画部部長の本間陽一氏、バイオミメティクスシンパシーズ代表取締役社長の漆畑直樹氏、同社主任研究員の大西啓介氏(バイオミメティクスシンパシーズ提供)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  FOXO1抑制でコロナ新薬開発へ