メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

心房細動合併HFpEF、アブレーションが有効

 2021年04月16日 05:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 左室駆出率(LVEF)の保たれた心不全(HFpEF)に心房細動(AF)を合併する割合は、欧米では20~30%程度とされるが、日本では60%超と多い(Circ J 2018; 82: 1534-1545)。合併例は予後が悪化するが(J Am Coll Cardiol 2006; 47: 1997-2004)、治療法に関する報告は限定的という課題がある。大分大学循環器内科・臨床検査診断学講座の福井暁氏らは、AFに対するカテーテルアブレーション(AFアブレーション)が合併例の再入院を防ぐ効果を検討。第85回日本循環器学会(3月26~28日、ウェブ併催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心房細動合併HFpEF、アブレーションが有効