メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

マダニ媒介の新興感染症にアビガンが有効

重症熱性血小板減少症候群、東日本に感染拡大も

 2021年04月16日 16:53
プッシュ通知を受取る

58名の先生が役に立ったと考えています。

 日本国内で2013年に患者が初めて確認されて以来、西日本を中心に600例(2020年末時点)近い感染例が報告されている重症熱性血小板減少症候群(SFTS)。ダニが媒介する新種のウイルス感染症で、SFTSを発症したペットのネコやイヌからヒトに感染し、死亡例も報告されている。致死率が3割前後と極めて高く、予後不良である。愛媛県立医療技術大学学長の安川正貴氏は、第118回日本内科学会(4月9日~11日、ウェブ併催)で医師主導臨床試験および企業治験で有効性が認められ、承認申請の手続き段階にある抗ウイルス薬のファビピラビル(商品名アビガン)について期待感を示した。一方で、東日本のマダニからSFTSウイルスが検出されたことから、「今後は感染地域の拡大が十分予想される。東日本で医療に当たる先生方もSFTSを念頭に置いて感染症の鑑別診断を行ってほしい」と訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  マダニ媒介の新興感染症にアビガンが有効