メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ワクチン優先接種対象の血液疾患に見解

日本血栓止血学会

 2021年04月16日 13:54
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 日本血栓止血学会は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防のワクチン接種について、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)患者から問い合わせが多数あったとし、接種に関する注意点をまとめ、4月5日に公式サイトで発表した。TTPはSARS-CoV-2ワクチン優先接種の対象となる基礎疾患に含まれるが、筋肉内投与により血腫が形成される可能性がある。しかしSARS-CoV-2に感染するとvon Willebrand因子が増加し病態が悪化することなどから、接種によるベネフィットの方が大きいとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  その他診療領域 »  ワクチン優先接種対象の血液疾患に見解