メニューを開く 検索 ログイン

ワクチン優先接種対象の血液疾患に見解

日本血栓止血学会

2021年04月16日 13:54

4名の医師が参考になったと回答 

 日本血栓止血学会は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染予防のワクチン接種について、血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)患者から問い合わせが多数あったとし、接種に関する注意点をまとめ、4月5日に公式サイトで発表した。TTPはSARS-CoV-2ワクチン優先接種の対象となる基礎疾患に含まれるが、筋肉内投与により血腫が形成される可能性がある。しかしSARS-CoV-2に感染するとvon Willebrand因子が増加し病態が悪化することなどから、接種によるベネフィットの方が大きいとしている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  その他診療領域 »  ワクチン優先接種対象の血液疾患に見解

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536105 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外