メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

婦人科腫瘍学会、卵巣がんのBRCA検査と相同組換え修復欠損検査の指針を改訂

2021年04月16日 11:35

 日本婦人科腫瘍学会の「がんゲノム医療、HBOC診療の適正化に関するワーキンググループ」は4月15日、昨年(2020年)4月に取りまとめた「卵巣癌患者に対してコンパニオン診断としてBRCA1あるいはBRCA2の遺伝学的検査を実施する際の考え方」および2020年12月に取りまとめた「卵巣癌患者に対してコンパニオン診断として相同組換え修復欠損(homologous recombination deficiency:HRD)の検査を実施する際の考え方」を改訂したと発表した(関連記事「婦人科腫瘍学会が卵巣がん治療時の相同組換え修復欠損検査の指針を提示」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  婦人科腫瘍学会、卵巣がんのBRCA検査と相同組換え修復欠損検査の指針を改訂

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536111 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外