メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

婦人科腫瘍学会、卵巣がんのBRCA検査と相同組換え修復欠損検査の指針を改訂

 2021年04月16日 11:35
プッシュ通知を受取る

 日本婦人科腫瘍学会の「がんゲノム医療、HBOC診療の適正化に関するワーキンググループ」は4月15日、昨年(2020年)4月に取りまとめた「卵巣癌患者に対してコンパニオン診断としてBRCA1あるいはBRCA2の遺伝学的検査を実施する際の考え方」および2020年12月に取りまとめた「卵巣癌患者に対してコンパニオン診断として相同組換え修復欠損(homologous recombination deficiency:HRD)の検査を実施する際の考え方」を改訂したと発表した(関連記事「婦人科腫瘍学会が卵巣がん治療時の相同組換え修復欠損検査の指針を提示」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  婦人科腫瘍学会、卵巣がんのBRCA検査と相同組換え修復欠損検査の指針を改訂