メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

血管内視鏡で大動脈解離の徴候を早期発見!

 2021年04月19日 16:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 急性大動脈解離は致命的な転帰をもたらしうるため、発症早期から慢性期にわたりその状況を把握し、破裂などが発生する前に診断する必要がある。しかし、CTを用いた画像検査による診断は困難である。大阪暁明館病院(大阪市)特別顧問の児玉和久氏、同院心臓血管病センターセンター長の小松誠氏は、血流維持型汎用血管内視鏡(Non-obstructive General Angioscopy;NOGA)により、急性大動脈解離の徴候となる多様な大動脈プラークや所見が確認できたことを第85回日本循環器学会(3月26~28日、ウェブ併催)で報告。「NOGAは大動脈解離の早期診断や先制治療に寄与しうる」と述べた。

新たに考案した疎血法により、広い視野を確保

 児玉氏、小松氏らは、従来冠動脈に使用されてきたNOGAを大動脈にも応用し、血管内腔の状態を検査する手法の検討結果を報告した。NOGAの血管内挿入に当たっては、同院が開発したDual Infusion法(疎血液の噴出部を2カ所設けて疎血効果を高める方法)により、広い視野の確保が可能となった。

 検討では、冠動脈疾患と診断された、または疑われた患者の大動脈内をNOGAで検査。パフのように破綻する「Puff-rupture」や、内視鏡に反射しシャンデリアのように輝いて破綻する「Chandelier-rupture」など、さまざまな大動脈プラークの自然破綻が確認できたという。

 さらに、急性大動脈解離患者32例を対象にNOGAの有用性を検討したところ、同疾患の発症リスクが高いことを示唆する特徴的な所見(大動脈損傷)である「Communication between Lumen and Subintima」および「Subintimal Laminar Flow」を高頻度に視認できた。

 小松氏によると、こうした所見は発症早期から慢性期の急性大動脈症候群患者で見られ、前者は血管内膜に線状の亀裂が入り出血する、後者は血管内膜外への出血はないものの内膜下に血流がある、といった特徴が認められるという。

 また、大動脈の破裂を来した症例の1~2年前のCT画像では、これらの所見を検知できなかったとした。

 こうした点を踏まえ、同氏は「NOGAを用いて急性大動脈解離による破裂の徴候などを早期に発見し、先制治療を実施できれば、急性大動脈解離などが引き起こす不慮の死を減らせるのではないか」と結論した。

陶山慎晃

2名の先生が役に立ったと考えています。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  血管内視鏡で大動脈解離の徴候を早期発見!