メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

体外放射線治療が心室頻拍の第4の選択肢に?

治療から1年4カ月後の経過報告

 2021年04月19日 10:21
プッシュ通知を受取る

39名の先生が役に立ったと考えています。

 東海大学病院循環器内科教授の吉岡公一郎氏、同院放射線治療科客員教授の国枝悦夫氏らの共同研究グループは、難治性致死性心室不整脈(心室頻拍)患者に対して国内初となる体外放射線照射治療(SBRT)を実施し、治療から1年4カ月後の経過を発表した。合併症は認められず、良好な経過が得られているとして、結果の詳細をHeartRhythm Case Rep(2021年2月12日オンライン版)で報告。SBRTが心室頻脈に対する第4の選択肢になるとの展望を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  体外放射線治療が心室頻拍の第4の選択肢に?