メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

国がんと富士フイルムがAI開発支援プラットフォームを共同開発

 2021年04月19日 17:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 国立がん研究センターは4月16日、富士フイルムと共同でAI開発支援プラットフォームを開発したと発表した。同プラットフォームは臨床現場で使われている画像診断環境に近い操作感で画像の閲覧やアノテーションが可能で、高度な工学的知識がなくても、学習データの作成から学習の実行・評価までの一連のAI開発プロセスが実行できる環境を提供するという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  国がんと富士フイルムがAI開発支援プラットフォームを共同開発