メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

PCRのCt値とウイルス感染との関連は?

国立感染症研究所・松山氏がCOVID-19について講演

 2021年04月20日 05:00
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

 国立感染症研究所ウイルス第三部の松山州徳氏は、第118回日本内科学会(4月9~11日、ウェブ併催)で、コロナウイルスを中心にさまざまな呼吸器ウイルスの研究を行ってきた立場から「新型コロナウイルスの感染拡大で見えてきたさまざまな問題点」をテーマに基調講演を行った。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査において感染の有無を判定する際の指標となるCt値とウイルス感染やウイルス分離との関係、検査結果の解釈などについて考えを述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  PCRのCt値とウイルス感染との関連は?