メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

心房細動合併PCI患者の至適薬物療法を展望

 2021年04月21日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 心房細動(AF)を合併した経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行患者に対する抗血栓療法においては、出血リスクを十分に考慮する必要がある。日本循環器学会の『2020年 JCSガイドライン フォーカスアップデート版 冠動脈疾患患者における抗血栓療法』(以下、アップデート版GL)では日本版高出血リスク(HBR)評価基準を踏まえた抗血栓療法の推奨が示されたが、その後も抗血栓薬の選択や投与期間について複数の臨床研究が進められている。佐賀大学循環器内科講師の夏秋政浩氏は第85回同学会(3月26~28日、ウェブ併催)で、AF合併PCI患者の至適薬物療法について、アップデート版GLを踏まえた最新の動向を解説した(関連記事:「抗血栓療法GL、アップデート版が公開」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  心房細動合併PCI患者の至適薬物療法を展望