メニューを開く 検索を開く ログイン

中国ワクチンでまひか タイ〔時事メディカル〕

 2021年04月21日 16:07
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

【バンコク時事】タイのチュラロンコン大学医学部の医師は20日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が製造した新型コロナウイルスワクチンの投与を受けた人に、体の一部がまひする症状が出たことを明らかにした。

 症状が出たのはバンコク近郊の病院で接種を受けた7人で、うち少なくとも6人は女性。接種後、腕や脚などがまひした。薬物を投与して血栓を除去し、回復したという。

 タイではシノバックと英製薬大手アストラゼネカのワクチン接種が進んでいる。

(2021年4月21日 時事メディカル)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

米がコロナワクチン特許保護停止を容認

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  中国ワクチンでまひか タイ〔時事メディカル〕