メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

グレリン様作用薬アナモレリンが発売

 2021年04月21日 17:44
プッシュ通知を受取る

 小野薬品工業は本日(4月21日)、グレリン様作用薬アナモレリンについて、「悪性腫瘍(非小細胞肺がん、胃がん、膵がん、大腸がん)におけるがん悪液質」の効能または効果で発売を開始したと発表した。

 がん悪液質は、がんに伴う体重減少(特に筋肉量の減少)や食欲不振を特徴とする複合的な代謝異常症候群で、QOLや予後などに対して顕著な影響を及ぼすことが分かっているが、同薬により体重、筋肉量、食欲および代謝を調節する複数の経路を刺激し、がん悪液質の患者の体重および筋肉量の増加、食欲の増加効果が期待されている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

米がコロナワクチン特許保護停止を容認

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  グレリン様作用薬アナモレリンが発売