メニューを開く 検索 ログイン

RAAS阻害薬はコロナの予後悪化に関連せず

COVID-19患者10万例超を対象にメタ解析

2021年04月22日 05:00

23名の医師が参考になったと回答 

 ACE阻害薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)といったレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAAS)阻害薬の長期的な使用が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の死亡リスクや重症化リスクの上昇と関連しないことが示された。英・Norfolk and Norwich University HospitalのRanu Baral氏らは、COVID-19患者10万例超を対象にメタ解析を実施。その結果、RAAS阻害薬非使用者と比べ、死亡や重篤な有害事象リスクの低下が認められたとJAMA Netw Open2021;4:e213594)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  RAAS阻害薬はコロナの予後悪化に関連せず