メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

どうなる?外科医の働き方改革

スウェーデンでの経験からわが国の医療制度と社会的背景を考察

 2021年04月22日 17:39
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国では働き方改革が推進されており、医師も例外ではない。特に外科は負担の大きい診療科の1つであり、勤務形態の是正が急務である。がん研有明病院(東京都)消化器センター胃外科医長/栄養管理部部長の熊谷厚志氏は第121回日本外科学会(4月8〜10日、ウェブ開催)で、自身の留学経験を踏まえ長時間労働の要因となっている日本の医療制度と社会的背景を指摘。「外科医の働き方改革を推進するためには、医療制度だけでなく社会の在り方を変えていく必要がある」と強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  どうなる?外科医の働き方改革