メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

遅発性ジスキネジアでバルベナジンが国内承認申請

 2021年04月22日 16:02
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 田辺三菱製薬は4月22日、小胞モノアミントランスポーター2(以下、VMAT2)阻害薬バルベナジンについて、遅発性ジスキネジアに対する適応で製造販売の承認申請を行ったと発表した(関連記事「遅発性ジスキネジア治療薬、第Ⅲ相試験結果発表」)。

 遅発性ジスキネジアは、抗精神病薬などを長期間服用することで起こる不随意運動である。バルベナジンは、神経終末に存在するVMAT2を阻害することにより、ドパミンをはじめとする神経伝達物質のシナプス小胞への取り込みを減らし、不随意運動の発現に関わるドパミン神経系の機能を正常化する働きがある。

 同薬は、米国では2017年4月に遅発性ジスキネジアを適応とする医薬品として初めて承認されている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  遅発性ジスキネジアでバルベナジンが国内承認申請