メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

気管支喘息へのメポリズマブ液剤が在宅自己注射可能に

 2021年04月22日 16:18
プッシュ通知を受取る

 グラクソ・スミスクラインは4月21日、ヒト化抗IL-5モノクローナル抗体メポリズマブ(商品名ヌーカラ皮下注用100mg)の液剤であるプレフィルドシリンジ製剤「ヌーカラ皮下注100mgシリンジ」とオートインジェクター製剤「ヌーカラ皮下注100mgペン」が、在宅自己注射指導管理料の対象薬剤となり、同日より在宅自己注射が保険適用になったと発表した。

 今回の保険適用により、成人の気管支喘息および12歳以上の小児の気管支喘息で、既存治療で症状をコントロールできない難治の患者、もしくは既存治療で効果が不十分な好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の成人患者は、医師が適切と判断した場合、事前に十分な説明とトレーニングを受けた上で、液剤による在宅自己注射が可能となる。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  気管支喘息へのメポリズマブ液剤が在宅自己注射可能に