メニューを開く 検索 ログイン

気管支喘息へのメポリズマブ液剤が在宅自己注射可能に

2021年04月22日 16:18

 グラクソ・スミスクラインは4月21日、ヒト化抗IL-5モノクローナル抗体メポリズマブ(商品名ヌーカラ皮下注用100mg)の液剤であるプレフィルドシリンジ製剤「ヌーカラ皮下注100mgシリンジ」とオートインジェクター製剤「ヌーカラ皮下注100mgペン」が、在宅自己注射指導管理料の対象薬剤となり、同日より在宅自己注射が保険適用になったと発表した。

 今回の保険適用により、成人の気管支喘息および12歳以上の小児の気管支喘息で、既存治療で症状をコントロールできない難治の患者、もしくは既存治療で効果が不十分な好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の成人患者は、医師が適切と判断した場合、事前に十分な説明とトレーニングを受けた上で、液剤による在宅自己注射が可能となる。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  気管支喘息へのメポリズマブ液剤が在宅自己注射可能に

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536189 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外