メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

再発iNHLへのcopanlisib上乗せで予後改善

第Ⅲ相試験CHRONOS-3

2021年04月23日 05:00

1名の医師が参考になったと回答 

 抗CD20抗体リツキシマブにより寛解が認められた、または化学療法への忍容性がない再発性の低悪性度非ホジキンリンパ腫(iNHL)患者に対する標準治療はリツキシマブ単剤療法とされている。しかし、有効性が長期に持続しない可能性があり、新たな治療オプションが求められている。米・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのMatthew J. Matasar氏は、再発性iNHL患者を対象にリツキシマブへのPI3K阻害薬copanlisibの上乗せ効果を検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験CHRONOS-3の結果を米国がん研究協会(AACR 2021、4月10~15日、ウェブ開催)で発表。Copanlisib上乗せにより、予後改善効果が認められたと報告した。詳細はLancet Oncol(2021年4月9日オンライン版)に同時掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  再発iNHLへのcopanlisib上乗せで予後改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536163 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外