メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

救急搬送7時間待ち ホテルで酸素吸入―病床逼迫の大阪府〔時事メディカル〕

 2021年04月23日 13:58
プッシュ通知を受取る

 米ファイザー製ワクチンを保管する冷凍庫を設置した病院などの2割弱で、電源のトラブルが起きた際、ワクチンの緊急保管に最低限必要な「氷点下20度」を維持できない恐れがあることが、厚生労働省の調査で分かった。

 ファイザー製ワクチンは、2~8度の冷蔵庫に移した後5日間しか保管できないが、氷点下20度の冷凍庫なら2週間まで期限を延ばすことができる。同省は、車両を電源として利用できる持ち運び型冷凍庫を追加で配置する方針を決めた。

 調査は、2月に冷凍庫への電力不足で約1000回分のワクチンが使えなくなったトラブルを受けて、同省が実施。氷点下75度の冷凍庫を配布した3222か所に対し、4月5日時点の状況として、停電時などに使える非常用電源や、氷点下20度の冷凍庫の有無を尋ね、3044か所から回答を得た。

 その結果、非常用電源がなく、ワクチンを保管する氷点下20度の冷凍庫もない病院などが537か所(17・6%)あることが判明した。

 同省は、現在審査中の米モデルナ製ワクチン保管用に氷点下20度の冷凍庫1万台を確保しており、このうち配布先を決めていない持ち運び型5000台を、停電時にワクチンが冷凍庫保管できなくなる施設に優先して配る。

(2021年4月23日 時事メディカル)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  救急搬送7時間待ち ホテルで酸素吸入―病床逼迫の大阪府〔時事メディカル〕