メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

歯科医による接種認める 新型コロナワクチン―厚労省有識者会議〔時事メディカル〕

 2021年04月23日 16:12
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルスのワクチン接種について、厚生労働省の有識者会議は23日、集団接種に携わる医師らが不足する場合、歯科医師がワクチンを打つことを認める方針を承認した。

 高齢者へのワクチン接種は5月以降本格化するが、大都市などでは学校や公民館を会場とする集団接種のための医師や看護師が足りなくなる懸念が出ている。

 法律上、ワクチンを注射できるのは医師か、指示を受けた看護師に限られる。同省は自治体が集団接種に必要な医師らを集めるのが困難な場合、歯科医が研修を受け、かつ接種を受ける人の同意があれば、違法にはならないとの考えを示した。

(2021年4月23日 時事メディカル)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  歯科医による接種認める 新型コロナワクチン―厚労省有識者会議〔時事メディカル〕