メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  メサラジン不耐症、半数が4週未満で発症

メサラジン不耐症、半数が4週未満で発症

小児炎症性腸疾患における検討

2021年04月26日 05:05

6名の医師が参考になったと回答 

 メサラジンは炎症性腸疾患(IBD)のキードラッグであるが、腹痛・下痢・発熱などのIBD類似症状を呈する不耐症を引き起こすことがあり、臨床医を悩ます問題となっている。久留⽶⼤学⼩児科の⼭川祐輝氏、同科講師の⽔落建輝氏らは同科の小児IBDを対象にメサラジン不耐症の臨床像を検討した結果、「メサラジン不耐症の発症率は11%で、半数が内服開始後4週未満で発症していた」と第124回日本小児科学会(4月16~18日、ハイブリッド開催)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  メサラジン不耐症、半数が4週未満で発症