メニューを開く 検索を開く ログイン

メサラジン不耐症、半数が4週未満で発症

小児炎症性腸疾患における検討

 2021年04月26日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 メサラジンは炎症性腸疾患(IBD)のキードラッグであるが、腹痛・下痢・発熱などのIBD類似症状を呈する不耐症を引き起こすことがあり、臨床医を悩ます問題となっている。久留⽶⼤学⼩児科の⼭川祐輝氏、同科講師の⽔落建輝氏らは同科の小児IBDを対象にメサラジン不耐症の臨床像を検討した結果、「メサラジン不耐症の発症率は11%で、半数が内服開始後4週未満で発症していた」と第124回日本小児科学会(4月16~18日、ハイブリッド開催)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪ここまでで感動した場面は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  メサラジン不耐症、半数が4週未満で発症