メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

独ベーリンガーと米がんセンターが肺がんで提携拡大

KRASおよびTRAILR2標的化合物の開発を加速

 2021年04月26日 17:33
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ドイツ・ベーリンガーインゲルハイムは4月26日までに、米・テキサス大学MDアンダーソンがんセンターと共同で、バーチャル研究開発センター(VRDC: Virtual Research and Development Center)の共同運営を継続し規模を拡大すると、このほど発表した。今後、同社と同センターは、肺がん(特に非小細胞肺がん)の治療薬候補について、同社が保有するカーステン・ラット肉腫ウイルスがん遺伝子ホモログ(KRAS: Kirsten rat sarcoma)、および腫瘍壊死因子(TNF)関連アポトーシス誘導リガンド受容体2(TRAILR2: TNF-related apoptosis-inducing ligand receptor 2)を標的とする治療薬ポートフォリオを活用して新たな分子の探索を進める。  

 本提携は2019年に開始され、今回の新契約に基づき共同研究がさらに5年間継続される。VRDCに関する本契約は柔軟に設定されており、同社と同センターは、肺がんに対するKRASおよびTRAILR2標的治療薬の開発プログラムの対象を、同社が保有するファースト・イン・クラスのSOS1:汎KRAS阻害薬BI 1701963、KRAS G12C阻害薬(BI 1823911)、MEK阻害薬(BI 3011441)、二重特異性TRAILR2作動薬(未公表)などに拡大できるという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  独ベーリンガーと米がんセンターが肺がんで提携拡大