メニューを開く 検索 ログイン

糖尿病+NAFLD、コーヒー成分の効果は

二重盲検RCT

2021年04月28日 05:00

1名の医師が参考になったと回答 

 2型糖尿病患者の多くが合併する非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)。コーヒーの摂取により両者の発症リスクが抑制されるとの報告はあるが、どの成分が作用しているのか―。イラン・Shahid Beheshti University of Medical SciencesのAsieh Mansour氏らは、コーヒーの主成分であるカフェインおよびクロロゲン酸がNAFLD合併糖尿病患者の肝臓、代謝、炎症に及ぼす影響について検討するため、二重盲検ランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果を、Nutr J2021; 20: 35)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病+NAFLD、コーヒー成分の効果は

error in template: found but mtif was expected