メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病+NAFLD、コーヒー成分の効果は

糖尿病+NAFLD、コーヒー成分の効果は

二重盲検RCT

2021年04月28日 05:00

102名の医師が参考になったと回答 

 2型糖尿病患者の多くが合併する非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)。コーヒーの摂取により両者の発症リスクが抑制されるとの報告はあるが、どの成分が作用しているのか―。イラン・Shahid Beheshti University of Medical SciencesのAsieh Mansour氏らは、コーヒーの主成分であるカフェインおよびクロロゲン酸がNAFLD合併糖尿病患者の肝臓、代謝、炎症に及ぼす影響について検討するため、二重盲検ランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果を、Nutr J2021; 20: 35)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病+NAFLD、コーヒー成分の効果は