メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

7年ぶり改訂、FD診療GLの要点を解説

内視鏡検査の要件緩和で診断を後押し

 2021年04月28日 15:39
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 今月(2021年4月)、機能性ディスペプシア(FD)の診療ガイドライン(GL)が7年ぶりに改訂された。今回、FDの診断に必須とされた内視鏡検査の要件が緩和され、器質的疾患の疑いがなければ内視鏡検査なしにFDと診断することを可能とした。兵庫医科大学消化器内科学主任教授でGL作成委員会委員長の三輪洋人氏は、第107回日本消化器病学会(4月15~17日、ウェブ併催)でGLの改訂ポイントを解説。FDの一次/二次治療として整理された運動機能改善薬をはじめ、わが国では認知度の低い胃不全麻痺という疾患概念などについても紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  7年ぶり改訂、FD診療GLの要点を解説