メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

経口のGLP-1薬が肥満症でP3a開始へ

 2021年04月28日 17:57
プッシュ通知を受取る

 ノボノルディスク ファーマは4月27日、糖尿病治療薬で経口のGLP-1受容体作動薬セマグルチドについて、肥満症を対象にした第Ⅲa相試験を2021年後半に開始すると発表した。今回の決定は、週1回セマグルチド2.4mgを皮下投与するSTEP第Ⅲa相臨床試験プログラムの完了を受けて決定されたもの。68週間の国際共同試験で、肥満または過体重で併発症を有する約1,000人を対象とする計画である。

 セマグルチドの週1回皮下投与製剤は現在、成人肥満患者に対する治療薬として、米国およびEUの規制当局で審査中の段階にある。空腹感を軽減し、満腹感を高めることで食事の量を減らしてカロリー摂取を抑える効果が期待されている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  経口のGLP-1薬が肥満症でP3a開始へ