メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

COPD薬と気管支拡張薬の取り違え事例が60件に

 2021年04月28日 18:08
プッシュ通知を受取る

 日本ベーリンガーインゲルハイムは4月28日、COPD治療薬で配合薬のスピオルト レスピマット28吸入、同60吸入(一般名チオトロピウム臭化物水和物/オロダテロール塩酸塩)と、長時間作用性吸入気管支拡張薬スピリーバ1.25μgレスピマット60吸入、同2.5μg同60吸入(一般名チオトロピウム臭化物水和物)の販売名類似による取り違え事例が相次いでいるして、処方や調剤、服薬指導などの際に薬剤名や効能・効果を必ず確認するよう注意喚起を行った。

 取り違えが起きたケースは、2015年12月から2020年10月の間に計60件にのぼった。これら2つの薬剤は、いずれも有効成分としてチオトロピウム臭化物水和物を含有しているが、スピオルトだけが長時間作用性β2刺激薬オロダテロール塩酸塩も含有していることから、他のβ2刺激薬を併用するとβ2刺激薬の過量投与になる恐れがある。また、両剤の効能・効果は同一ではないため、取り違えて患者に処方された場合、期待される効能・効果が得られない可能性がある。

 そのため同社は、改善策として、薬の取り出し時に処方箋を持って正しいか再確認するとともに、薬棚に類似名注意の見出しを付けるといった対策を求めている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  COPD薬と気管支拡張薬の取り違え事例が60件に