メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

コロナ流行で小児科診療数が大幅に減少

都内小児二次医療機関での検討

 2021年04月30日 05:00
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者数は成人と比べて小児で少ないが、小児医療への影響は大きい。東京都立小児総合医療センター救命・集中治療部集中治療科部長の齊藤修氏らは、COVID-19による都内小児二次医療機関への影響を検討した結果、COVID-19流行に伴い都内の小児科診療数が大幅に減少したことが明らかになったと、第124回日本小児科学会(4月16~18日、ウェブ併催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  小児 »  コロナ流行で小児科診療数が大幅に減少