メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

米・ペムブロリズマブ併用療法が未治療HER2陽性進行胃/胃食道接合部がんで迅速承認

 2021年05月06日 13:30
プッシュ通知を受取る

 米・Merckは5月5日、抗PD-1抗体ペムブロリズマブについて、トラスツズマブ+化学療法との併用療法が局所進行切除不能または転移性のHER2陽性胃/胃食道接合部腺がんの一次治療として米食品医薬品局(FDA)から迅速承認されたと発表した。HER2陽性胃/胃食道接合部腺がんの一次治療においては、抗PD-1抗体+トラスツズマブ+化学療法併用療法の承認は初となる。

 同承認はHER2陽性進行胃/胃食道接合部腺がんにおけるペムブロリズマブ+トラスツズマブ+化学療法の有効性および安全性をプラセボ+トラスツズマブ+化学療法を対照として検討した第Ⅲ相試験KEYNOTE-811の結果に基づく。同試験の客観的奏効率はプラセボ群の52%に対してペムブロリズマブ群は74%と有意に高く、完全奏効率はそれぞれ3.1%、11%、部分奏効率は49%、63%だった。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・ペムブロリズマブ併用療法が未治療HER2陽性進行胃/胃食道接合部がんで迅速承認