メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ、8,600人の肺がん診療を逸失か

 2021年05月06日 17:54
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行がいまだ収束しない中、国内では医療体制の逼迫によるがん患者の検診および診療の制限への懸念が高まっている。日本肺癌学会は、COVID-19が肺がん診療に及ぼす影響を検討するために、全国の医療施設に対してアンケートを実施。約8,600人の新規患者が診断と治療の機会を逸した可能性があると、5月1日に同学会公式サイトで報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪ここまでで感動した場面は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  新型コロナ、8,600人の肺がん診療を逸失か