メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

術後予後の高齢者向け予測指標を特定

G8スコア

 2021年05月08日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 関西医科大学外科学講座診療教授の海堀昌樹氏らは、高齢肝がん肝切除術症例を対象に高齢者総合機能評価(CGA)の各指標を検討した結果、予後予測に有効な指標としてG8スコアを特定した。高齢者の手術予後を予測するのに年齢に基づくことが多いが、身体機能の個人差が大きく有用とは言い難かった。今回の指標を使えば、術後の予後が良好な症例をスクリーニングできる上、指標の維持・改善により生存期間の延長が期待できる。詳細はCancers2021; 13: 842)に報告された。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  術後予後の高齢者向け予測指標を特定