メニューを開く 検索 ログイン

アルフレッサ側、罪認める 医薬品談合で初公判―東京地裁〔時事メディカル〕

2021年05月10日 10:57

 独立行政法人「地域医療機能推進機構」が発注した医療用医薬品の入札をめぐる談合事件で、独禁法違反(不当な取引制限)罪に問われた医薬品卸大手アルフレッサ(東京都千代田区)の元病院統括部長、五味信幸被告(62)ら3人と、法人としての同社の初公判が10日、東京地裁(須田雄一裁判長)であり、いずれも起訴内容を認めた。

 起訴状によると、五味被告らは他の卸会社の担当者と共謀し、2016年6月と18年6月、推進機構が運営する全国57カ所の病院用に発注した医療用医薬品の入札で、事前に受注比率を設定し落札者を決めるなどしたとされる。

(2021年5月10日 時事メディカル)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

関連タグ

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  時事メディカル »  アルフレッサ側、罪認める 医薬品談合で初公判―東京地裁〔時事メディカル〕

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536323 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外