メニューを開く 検索

MSDがコロナ治療薬molnupiravirの供給拡大を加速

2021年05月10日 12:56

6名の医師が参考になったと回答 

 米・Merck(米国とカナダ以外ではMSD)は5月7日までに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確定診断を受けた通院患者の治療薬として現在第Ⅲ相試験を実施している経口抗ウイルス薬molnupiravir(EIDD-2801/MK-4482)について、インドの大手ジェネリックメーカー5社と非独占的で社会貢献的なライセンス契約を締結したことを発表した。

 同薬は強力なリボヌクレオシドアナログで、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を含むさまざまなRNAウイルスの複製を阻害する。

 今回契約を締結したのは、Cipla Limited、Dr. Reddy's Laboratories Limited、Emcure Pharmaceuticals Limited、Hetero Labs Limited、Sun Pharmaceutical Industries Limitedの5社。提供されるライセンスによりインドおよび100カ国以上の低・中所得国でのmolnupiravir供給が可能となる。

 MSDはCOVID-19の流行による人道危機に直面するインドの救援活動として今回のライセンス契約を締結。さらにこれとは別に500万ドル分以上の酸素発生器、マスク、消毒剤、金銭的支援を提供するという。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  MSDがコロナ治療薬molnupiravirの供給拡大を加速