メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

未治療NSCLCへのデュルバルマブ+tremelimumab+化学療法でOS延長

第Ⅲ相試験POSEIDONの最終解析

 2021年05月10日 17:42
プッシュ通知を受取る

 英AstraZenecaは5月7日、転移性非小細胞肺がん(NSCLC)に対する第Ⅲ相試験POSEIDONにおいて、抗PD-L1抗体デュルバルマブ+抗CTLA-4抗体tremelimumab+化学療法の併用により、化学療法単独と比べて全生存率(OS)の有意な延長が認められたと発表した。詳細は今後の学会で発表される予定であるというt。

 POSEIDON試験は転移性NSCLCにおいて、化学療法単独療法を対照にデュルバルマブ+tremelimumab+化学療法併用療法、デュルバルマブ+化学療法併用療法の有効性および安全性を検討。デュルバルマブ+tremelimumab+化学療法の併用による無増悪生存期間(PFS)の有意な延長は既に報告されている。デュルバルマブ+化学療法の併用は化学療法単独と比べてPFSの有意な延長が示されていたが、OSの有意な延長は認められなかった。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  未治療NSCLCへのデュルバルマブ+tremelimumab+化学療法でOS延長