メニューを開く 検索 ログイン

正常血圧でも降圧薬使用で心血管リスク低下

SBP 5mmHg低下当たりMACEリスク10%低下

2021年05月11日 05:00

6名の医師が参考になったと回答 

 英・University of OxfordのKazem Rahimi氏らは、ランダム化比較試験(RCT)48件のメタ解析の結果、血圧が正常の人や心臓発作、脳卒中の既往がない人でも収縮期血圧(SBP)が5mmHg下がると、主要心血管イベント(MACE)リスクが10%低下することが分かったとLancet2021; 397: 1625-1636)で報告した。今回の知見は、心血管リスクがある人では血圧に関係なく降圧薬の使用が選択肢となる可能性を示唆している。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  正常血圧でも降圧薬使用で心血管リスク低下

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536317 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外