メニューを開く 検索を開く ログイン

FDA、コロナワクチンBNT162b2の緊急使用許可を12歳以上に拡大

 2021年05月11日 15:13
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ファイザーは5月11日までに、ビオンテックと共同開発した新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンBNT162b2について、米食品医薬品局(FDA)が緊急使用許可の範囲を16歳以上から12歳以上に拡大したと発表した。米国においてSARS-CoV-2ワクチンの投与がこれらの年齢層に認可されたのは初めて。

 FDAは、両社が12~15歳の青年2,260例を対象に実施した第Ⅲ相試験において、BNT162b2が100%の発症予防効果を示したことに基づき今回の決定を下したとしている。

 なお、この試験のデータは欧州医薬品庁を含め世界各国の規制当局にも提出されている。

ワンクリックアンケート

コロナ診療に従事する覚悟は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  FDA、コロナワクチンBNT162b2の緊急使用許可を12歳以上に拡大