メニューを開く 検索 ログイン

低栄養+サルコ合併肝硬変、死亡リスク16倍

5年ぶり改訂の肝硬変診療GL

2021年05月12日 05:10

 近年、肝硬変患者がサルコペニアを合併すると生命予後に重大な影響を及ぼすことが懸念されている。昨年(2020年)12月、5年ぶりに改訂された日本消化器病学会・日本肝臓学会『肝硬変診療ガイドライン2020(改訂第3版)』(以下、第3版)では、栄養療法のフローチャートにサルコペニアの評価が導入された。岐阜大学病院第一内科の華井竜徳氏は、第3版における栄養療法フローチャートの有用性を検討。評価指標とした血清アルブミン3.5g/dL以下かつサルコペニアありの高リスク群では、いずれも該当しない低リスク群に比べ死亡リスクが16倍と高く、予後予測に有用であると、第107回日本消化器病学会(4月15~17日、ウェブ併催)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  低栄養+サルコ合併肝硬変、死亡リスク16倍

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD536343 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外