メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

低栄養+サルコ合併肝硬変、死亡リスク16倍

5年ぶり改訂の肝硬変診療GL

 2021年05月12日 05:10
プッシュ通知を受取る

 近年、肝硬変患者がサルコペニアを合併すると生命予後に重大な影響を及ぼすことが懸念されている。昨年(2020年)12月、5年ぶりに改訂された日本消化器病学会・日本肝臓学会『肝硬変診療ガイドライン2020(改訂第3版)』(以下、第3版)では、栄養療法のフローチャートにサルコペニアの評価が導入された。岐阜大学病院第一内科の華井竜徳氏は、第3版における栄養療法フローチャートの有用性を検討。評価指標とした血清アルブミン3.5g/dL以下かつサルコペニアありの高リスク群では、いずれも該当しない低リスク群に比べ死亡リスクが16倍と高く、予後予測に有用であると、第107回日本消化器病学会(4月15~17日、ウェブ併催)で報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  低栄養+サルコ合併肝硬変、死亡リスク16倍